今月の特集

おばあちゃんから教わった手作りおやつ

最近、おやつには「おにぎり」がいちばんよい。というような記事を目にしました。確かに!幼児はおやつもひとつの食事という考え方もあるかもしれませんが、「楽しみ」からするとやはり毎回「おにぎり」では半減してしまうのではないかな? 昔の人はそこんとこよく考えてたなぁって思えたのは、おばあちゃんからおやつの作り方を聞いてみたから。素朴でおいしくて、子どもも喜ぶ、これってものすごーく大事なおやつ作りの条件ではありませんか?

揚げ餅
お正月の餅があまってしまうってことありますよね。そんなとき、よく乾燥させて細かく割り、クッキーの空き缶などに保存しておくと便利です。年中おいしい揚げ餅が食べられますよ。
材料:餅(乾燥させたもの) 揚げ油 しょう油 砂糖 塩
作り方:油を熱したら火を弱火にして、ゆっくりと餅を揚げていきます。温度が高すぎると表面だけ焦げて中まで火が通らないことも・・じっくりゆっくりがポイント。揚がったら砂糖じょう油をからめたり、塩を振ったりして熱いうちに召し上がれ。
柏餅
「昔はどの家も手作りしたもんだよ」とおばあちゃん。難しそうに見えて意外と簡単なんだって。
材料:米粉(スーパーなどで売られている上新粉でよい)  あん 柏の葉(これもスーパーで手に入る)
作り方:米粉に湯をそそぎ、耳たぶくらいの硬さになるまで練る。適量を手にとり、楕円形に伸ばした中にあんを入れ半円形に包み込む。柏の葉に包んで蒸し器で蒸す。
蒸しパン
蒸しパンは、おばあちゃんの子どもの頃からあったというから、新しそうに見えて、しっかり伝統的おやつの部類に入るのだ。現代ではベーキングパウダーや牛乳なども使うようですが、おばあちゃんの時代ではそんなものありません。ふわふわケーキのような蒸しパンではありませんが、そこがいいんです。
材料:薄力粉 卵 砂糖 塩 サラダ油(器に塗る) かぼちゃ・さつまいも(トッピング用です。干しブドウやナッツなども可)
作り方:さつまいもやかぼちゃはあらかじめ小さく切っておく。ボウルに薄力粉、卵、砂糖、塩を入れ混ぜ合わせる。器(市販のカップケーキ用でよい)にうすく油を塗り、ボウルの中身を入れる。上にさつまいもやかぼちゃを飾る。蒸し器に入れ、途中竹串で刺してみて、液状のものがついてこなければOK。
じゃが餅
シンプル! 焼いてるときのよい香りに「早く食べたい!」って期待度100%。
材料:じゃがいも 片栗粉 バター(マーガリンも可) 砂糖 塩
作り方:ゆでたじゃがいもをつぶし、温かいうちに塩、バター、砂糖(少々)を加える。片栗粉を少しずつ入れて様子をみながら餅のようになるまで練る。適量取り、だんご状にし、片栗粉を表面につけ(打ち粉)平たく押して形を整える。ホットプレートかフライパンに油をしき焼く。
*あ、そうそう分量なのですが、おばあちゃんは長年の勘と経験で作っています。詳しく載せられなくてごめんなさい。「でも目分量で何とかなるわよ」とおばあちゃん。レシピというよりこんなおやつもあるよという紹介だと思って参考にしていただければ・・・2004.7.1(渡辺)。
おやつに関するサイト

新宮町のHP:おやつの与え方5か条あり
http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/4,1301,153,102,html


虫歯なしの子育て法:歯科衛生士ママ佐竹さんのページ。簡単な手作りおやつ講座あり
http://www.mushiba.info/


Shuf-Shuf:管理人shufさんによる「おやつレシピ」は手をかけるなら15分までと徹底した(?)簡単レシピ
http://www.mitene.or.jp/~i-family/oyaturecipe.htm


                             

inserted by FC2 system