M.L.Rのお仕事解説

管理人の体験からお仕事を解説いたします。
これからなりたい職種の場合は何かの参考にしていただければうれしいです。
そうでない場合は…さらりと流してください。


「編集のお仕事〜書籍の場合」

 一口に“書籍”といっても、実にさまざまな形、内容のものがあります。ちなみに、私がこれまで多く作ってきたのは実用書というジャンルの本です。ここでは実用書の編集について、その一例をご紹介します。編集作業においてどこまで仕事を請け負うのか、またその本の内容・構成によって、仕事の手順、誰に何を依頼するかなど違ってきますが、おおまかには以下のようになります。

1.企画を立てる

 ・自分がやってみたい企画を立てて出版社に持ち込む場合と、お付き合いのある出版社の方からテーマを与えられてそれに合うような企画を考える場合などがあります。

 ・誰に頼みたいか(著者だけでなく、イラストレーターやデザイナーなど)によって、その方に頼めるような企画を考える、という場合もあります。

 ・最近はどの出版社も厳しい情勢なので、いくら時間と投資をして立案しても簡単には企画は通りません。絶対に売れるという確証がないと、GOサインが出ないのです。でも、実際にはそんな企画はなかなかありませんよね。実用書の場合は、バカ売れするより、長く着実に売れるものが求められるようです。

2.内容・構成を考える

 ・企画が通れば、内容・構成を考えます。およそ目次作りだと思ってOKです。

 ・類書を参考にしたり、逆に類書との差別化を考えたりしながら、かなり綿密に作りこんでいきます。

 ・内容に精通していればともかく、まったくの素人…という場合も、正直あります。そういう場合は、一から勉強するつもりでやるしかありません。

3.版元と編集費に関して見積もりの交渉を行う

 ・内容が決まれば、おおよそ必要な編集費が出てきます。こちらで作成した見積もりを版元に提出して、交渉を行います。

・内容によって編集費というものも変わってきますが、版元側であらかじめ予算が決まっている場合もあります。その予算がこちらの見積もりと大きく隔たりがある場合、交渉はなかなか大変です。でも、見積り額によって、こちらが外注する方々への支払額が決まってくるので、その方々を代表して交渉しているつもりでがんばります。

4.著者・監修者を決める

 ・その世界で名の知れた方にお願いする場合もあれば、全く無名の方にお願いする場合もあります。すでに著書がある場合は、その版元に連絡先を聞いてアタックするか、最近はHP等をお持ちの方もいらっしゃるので、その場合はとりあえずメールを出してから、のちほど電話でアタックします。もちろんその後、直接お会いします。

5.デザイナーにレイアウトのダミーを発注する

 ・原稿を書くにはおおよその原稿量を出す必要があります。レイアウトダミーをデザイナーに依頼して作ってもらいます。2〜3パターン作ってもらって、版元と話し合います。全体のデザインの感じとだいたいの原稿量を決めます。

6.著者およびライターに原稿を依頼する

 ・原稿量が決まれば、あとは構成にしたがって著者かライターに原稿を書いてもらいます。見本原稿を書いてもらい、版元と調整を行います。OKが出れば、全体の執筆に取り掛かってもらいます。

6.原稿が入ったらデザイナーにレイアウトを依頼する

 ・原稿が入ったら、レイアウトに沿っているかどうか確認しつつ、原稿整理を行います。それが済んだら、全体のレイアウトを行います。

7.必要に応じて、イラストレーターやカメラマン等も依頼する

 ・中身にイラストが必要であればイラストレーターに、写真が必要であればカメラマンに依頼します。どんな写真が必要かによって、撮影場所を押さえたり、コーディネーターに依頼したりという仕事も発生します。

8.レイアウトがあがり、材料が揃ったら印刷所に入稿する

 ・こちらで完全データを作成して印刷のみを印刷所で行う場合もあるし、校正による赤字修正等を印刷所で行う場合もあります。

9.校正を2度ほど行う

 ・著者に校正をお願いすると同時に、校正者に依頼して校正をしてもらいます。もちろん自分でも読みます。

10CDをつける場合は録音を行う

 ・語学書を作る場合は、必ずといっていいほどCDを付けます。台本の作成から、録音当日のプロデュース、編集、検証等まで行います。

11.最終的な校正を行って校了する

 ・ここまできて、ようやく校了です。

 このように、編集の仕事は多岐にわたります。要するに、すべての段階の仕事が進むように、著者・ライター・デザイナー・イラストレーター等々の手配をし、あとはうまく仕事が流れるように段取りを調整するのが仕事です。

 最初に企画を立てて校了するまで、早ければ6カ月、長ければ1年くらいかかります。長年、編集に携わってきての感想は、どんなに段取りよく進めようとしても、今回は絶対にスムーズに行くと思っていても、やはり何かしら問題が起こるもの…ということです(泣) でも、不思議なことに、途中でどんなに大変なことが起こっても、「本」という形になって書店に並んでいるのをみると、すべての苦労を忘れて、ただうれしい気持ちになるんですよね〜。ちょうど出産と同じですね。「そのとき」は大変だけど、産んでしまえばその痛みも忘れて、目の前にいる赤ちゃんがかわいくてしかたがない…みたいな感じでしょうか(笑)。

 以上、いぬかいっちの「編集のお仕事紹介」でした!

        


「ライターのお仕事〜フリーの場合」


ゴーストライター、テクニカルライター、コピーライター、シナリオライター、その他専門分野のあるライターもいれば媒体(広告か雑誌かなど)による違いなどもありますが、ここでは何でもこなすフリーライターということで話を進めます。

○仕事を得るには

たいていはどこかへ所属していてフリーになることが多いでしょうから、前にいた会社などでできた人脈を生かして仕事を得たり、自ら営業をして仕事を獲得することになります。ライターを求めているところは編集プロダクション、雑誌社、広告代理店、広告制作会社、印刷会社などですね。意外とライター仲間でもスケジュールが混んでいたり、苦手分野だったりすると仕事をまわしたりすることもあるので、同業者にも知り合いがいると便利です。
 何でもこなすとは言っても、ベースになる得意分野を持っていることはやはり有利になります。「医療のことなら」とか「PCについてはまかせて」とか・・。ですから最初は何も売りがなくても、仕事をしながら勉強をし、得意分野を見つけていくことも大切です。

○全体の流れを知ることが必要

依頼の仕方はクライアントによって違います。企画、取材先へのアポ取り、ラフ作り、取材、執筆、校正を見るということまでライターの仕事とされることもあれば、取材と原稿だけを求められることもあります。また、取材はなくて資料だけで書くケースや電話取材で書く場合など様々なパターンがあります。
 どんな場合にも対応できるようにWebでも印刷でも一通り流れを知っておいたほうがいいと思います。流れを知ることは一緒に仕事をするスタッフ(編集者、カメラマン、デザイナーなど)の仕事をやりやすくしますし、スムーズに仕事が運ぶので重宝がられるのです。

○求められるように書く

自分のスタイルで書くのは作家で、ライターに求められるのはその媒体に合わせて書くこと。子ども向けの学習雑誌に書く仕事がくるかもしれないし、女性ライターであっても男性誌の仕事がくるかもしれませんよね。普段からいろんな読者層の本に目を通しておくのも必要だと思います。引き出しをたくさん持っておくと、急な依頼にも対応できますよ。
 私が普段からやっていることといえばもうひとつ、仕事がなくても毎日書き続けています。マラソンみたいなもので、何日か休んだあとに長距離走れ(長もの書け)といわれても無理なんです。まぁこれは私の場合に限るのかもしれませんが。

○取材心得

書くことの前に大切なのはどう取材するか、どれだけ資料を集めるかです。現在はインターネットで大概の情報は集められるようになりました。例えば取材する場所や人物について事前にわかる限りは調べておきます。インタビューなどはその人の著書などがあれば読んでおく必要がありますし、話を聞けばいいという簡単なものではありません。それは原稿料にもかかわってきます。書く文字数だけでは計れないことなので、原稿料を決めるときには注意が必要です。

○原稿料ってどうやって決める?

原稿料は会社の規定があるところもあれば、個々にこのライターならこのくらいというランク付けがある場合もあります。小さな制作会社や個人から仕事を受ける(つまり下請けする)と同じ仕事であっても出版社や代理店から直接仕事を受けるより、金額が下がるのが普通です。話し合いで決める、見積もりを出すという際には、その仕事がどのくらい時間がかかって、専門的な知識も要求されるのかなど、自分で判断・計算できなければいけません。このあたりはやはり経験を積むしかないのです。

○ライターへの道<私のこと>

学生時代のアルバイト先(デザイン事務所)から紹介されたライターのところへ遊びに行っているうちに、小さな仕事をやらせてもらえるようになり、その仕事を通してまた次々と人を紹介していただくことになるのですが、そう考えるとやはりキーワードは人なのです。出版社、ライター事務所、デザイン事務所、編集プロダクション・・・いろんなところを渡り歩く間にたくさんの人に会い、仕事のやり方を教えていただきました。一人でやりはじめてみると、それらが財産だなぁとつくづく感じるようになりましたね。ライターになる方法なんて実はないのだと思います。私のまわりだってなりたくてなった人たちばかりじゃないし。メジャーな雑誌で書いているライターでも転職してしまう人は多いし、本が好き、書くのが好きだけではやっていけない、そんな仕事です。きびしい〜。なべ



校正のお仕事

●「校正」の仕事とは?

 私は校正の仕事をメインではやっていないのですが、たまに「校正をお願い!」と頼まれることがあります。以前(20年近く前)は手書き原稿が多かったので、文字対照(筆者が手書きした文字とゲラになった文字を一字ずつ対照して確認していく)が必要だったんですが、現在はほぼデータ入稿(筆者・ライターがワードやテキストデータを作成して送ってくる)なので、一字一句文字対照することは皆無です。ですから、「校正をお願い!」と言われる場合、素読み(原稿を頭から通して読むこと)しながらの「誤字・脱字」のチェックと「表記統一」、「疑問出し」がメインの仕事となります。新聞社や大きな出版社では、きちんと校正を専門とする部署(校閲部)がありますよね。そこには自社独自の「表記統一表」のようなものがあり、それに従ってチェックがなさるようです。(>「行う」なのか「行なう」なのか…といった、表記に関する統一事項が決められています)

●「校正」の具体的な仕事

 編集の仕事をしていると、校正者(校正を専門の仕事としている人)に校正を依頼することが多いのですが、正直言って、100点満点の校正をしてくださる人というのはいません;; というのは、これまで校正専門でやってきた方というのは、さきほど書いたように文字対照をメインの仕事としてやってきているので、「誤字・脱字」チェックと「表記統一」については申し分ない人が多いのですが、「疑問出し」まではこちらが期待するほどやってもらえない場合が多いのです。そもそも編集者である私が期待している「疑問出し」というのは、文章の整合性においておかしなところがあったら指摘することはもとより、文脈やその主題等から納得できない点や不明な点を指摘する作業を指します。でも、これって「編集の目」を持たないとできないことなんですよね。文字面だけでなく、全体に目配りする能力があるかないかによって、この「疑問出し」ができるかどうかが違ってきます。ですから、編集経験者に校正をお願いすると、この「疑問出し」をしっかりしてもらえる場合が多いのです。しか〜し! 「二兎を追うもの一兎をも得ず」で、編集経験者に頼むと、この「疑問出し」についてはこちらが満足できるようなチェックをしてくれますが、いかんせん「誤字・脱字」のチェックが甘くなるんですよね〜;;(>事実、私もそうです^^;;) それは当然といえば、当然ですよね。校正者のように一字一句のチェックをしていたら全体の把握はできないし、編集者のように全体を見ていたら一字一句がおろそかになってしまいますから…。

●「校正者」になるには特別な勉強が必要か?

 私は「校正」についてきちんと勉強していません。最初に就職した出版社では「習うより慣れろ」方式だったので、一応『編集必携』なるもの(編集者に必要な知識全般、校正の仕方や校正記号などについて書かれてある本)を読んで勉強しましたが、とくに「校正」を勉強した記憶はありません。ただ私が思うに、「校正」って、やはり「習うより慣れろ」だと思うんですよね。校正記号は知っていればもちろんその方がいいのですが、語弊を恐れずに言えば、知らなくても大丈夫なんですよね^^;; つまり「データを直す人がわかればそれでOK」だと思うんです。校正記号がきちんとできていなくても、「これを削る(=トル)」とか「削って、文章を詰める(=トルツメ)」とか、はっきり書かれていれば、データを直すことはできるわけですからね。

●編集の立場から「校正者」に求めるもの

 編集者の私はそれよりも、どういうものを校正するのか、文章のジャンルだとか、その筆者の書きぶりだとか、そういうものに慣れて、それ相応の文章に仕上げる(整える)ことができる校正者が「いい校正者」だと思っています。編集の仕事もそうなんですが、小説などの芸術性の高い本を編集する場合と、実用書などの実用性が高い本を編集する場合とでは、その編集者に求められるものは断然異なります。同様に、校正者もどのジャンルの校正をするのかによって、求められるものが異なってきます。小説家の独特な書きぶりを尊重しつつ校正することが必要な場合もあるでしょうし、実用書のように誰が読んでもきちんと理解できることが一番重要視される場合もあるでしょう。そいうことを意識しないで、ただ「誤字・脱字」のみを気にして、それだけを「校正の仕事」と考えるのはどうか?と思います。もちろん、「誤字・脱字」は絶対に落とさないというのは、「校正者」というからには当然のことです。ただ、編集者に必要とされる校正者になろうとするなら、その上にさらに求められるものがあるということです。是非、「アノ人にまかせれば、このジャンルならノープロブレム!」と、編集者に思われるような校正者を目指してください!

●校正だけでは食べていけない?

 最後に校正だけで食べていけるのか?という、非常に現実的な問題なんですが…。多分無理だと思います。20年ほど前、私が勤めていた出版社では、校正者に支払う外注費は、「1文字20銭」が基本でした;; …「銭」ですよ? 生まれて初めて「銭」という単位を見た覚えがあります(笑) 私が今、校正を外注する場合、1ページの文字数と、それを読む時間がどの程度かかるか、編集の立場から校正に期待するものがどういうものか(単なる「誤字・脱字」チェックなのか、もう一歩踏み込んだ「疑問出し」までお願いするか)によって、金額を決めています。でも、やはりこれだけで食べていこうとするのには無理があると言わざるを得ません。私がお願いする校正者の方々は、「進研ゼミ」の赤ペン先生をされている方が多いです。定期的に仕事が来るということで、このお仕事をされてる方が多いようです。とはいえ、この赤ペン先生も必ずしも高収入を得られるというわけではなさそうなので、一家の稼ぎ頭とならざるをえない方は、校正者オンリーでは難しいでしょう。

●しっかり校正してほしい!?

 最後に…。最近本を読んでいて、よく誤植(誤字・脱字)を発見します。普通の本(実用書系)なら許せますが、小説などで見つけると、なぜか許せない気になるのは、私だけでしょうか? どの出版社も薄利多売で、出版点数を増やすあまり、校正も含め内容的に安易なものが多いような印象を受けます。タイトルで売るとか、一過性のものでもいいので売るとか、そういった類の本が多く、そういうものに限って誤植が多い気がします。お願いですから、小説の誤植はやめてください!!(>マジで!!

 以上、編集者…ときどき校正者のいぬかいっちでした!



              
inserted by FC2 system