ワーキング・マザーにとって保育園はなくてはならない存在だ。
ふだんはママたちの心強い味方である保育園だけど、
子どもが病気になってしまった時は登園できなくなってしまう。
登園できないとなると、その日一日の仕事の予定がまるっきり変わってしまって、
外で働くママは職場に休みをもらわなければならないし、
在宅ワーカーでも締め切りなどがある仕事だとほんとうに弱ってしまう。
在宅ワーカーの場合は、たしかに外でフルタイムで働くママよりはこういう非常事態に対応しやすい。
それ故「在宅」という形態を選んで仕事をしているというママも多いと思う。
今回は保育園と子どもの病気の関係について、私の経験をもとに書いてみたい。


37・5度のライン
病児保育を行っている園や認可外保育園などの一部では、病気の時でも預かってくれるありがたい園もあるにはあるが、一般的には熱が37・5度以上あると預かってもらえない。あわただしい朝の時間に子どもがちょっと熱っぽいとママたちは慌ててしまうことだろう。もちろん子どもの体調が一番気にかかるが、37・5〜6度といった微妙な(?)体温だと今日一日の仕事をどうするか、在宅ワーカーでもやはり気をもんでしまう。私などは何度も熱を測りなおしたり(無駄なあがきだが…)、外で打ち合わせなど入れてる場合は実家に預けられるかどうか電話したり、やはりバタバタしてしまう。仮に37・4度というギリギリセーフの体温でも、園に行って37・5度を超えてしまえば(恐怖の)「お迎えコール」がかかってきてしまう。(うちの子どもが通う保育園の場合は、平熱が高い子どももいるので、38度までは「一応報告しておく」という意味で電話をかけるらしい…保育士談)

でも、子どもの体温は変化しやすく、「37・8度あるのでお迎えに来てください」など園から連絡があった場合でも、帰って計ってみると熱が下がっている時もないではない。まあ病気かもしれない子どもを預けて仕事をしていても気にかかって仕方がないが、相手があっての仕事の場合、簡単に園を休まれても困る…というのが正直なところだ。思えば子どもが入園したての頃は、ひと月に1〜2回は病院に行っていた(しかも毎月)。
やっと風邪が治りかけたと思っても、園に行けばゴホゴホ咳をしてる子どもがいたり、部屋の隅で布団に横になってる子がいたり…。(お互い様だが)
病気にかかりに保育園に行ってるようなもの…と感じた時もあった。


伝染病について
保育園の掲示板には、年中「今日おたふくの子どもが出ました」とか「インフルエンザで数名休んでます」などといった「注意報」(?)がよく出ている。慣れてくると「ああ、また来たか」と思うが、とにかく保育園は病気のオンパレード。年中何かしらの病気が流行ってるといっても過言ではないくらい、次々にいろんな病気が流行ってくれる。わが子がまだかかっていない伝染病が出たとなると、とたんにこれから1〜2週間の仕事のスケジュールが頭に浮かぶ。もしこれからかかったら仕事はどうなるか考えて、最悪の場合に備えて手を打っておく必要があるからだ

保育園に入園する時、伝染病についての基礎知識をプリントして渡されるところも多いと思う。以下にうちの子どもが通っていた園で配られていたプリントの一部を紹介する。

病名(病原体) 感染源/伝播様式 主な症状 潜伏期/急性期/回復期 感染可能期間 出席停止期間
麻疹[はしか]
(麻疹ウイルス)
唾痰/飛沫感染 発熱、粘膜疹、コブリック斑 9〜10日/約6日/約10日 発疹出現の前後4〜5日 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎[おたふくかぜ](ムンプスウイルス) 唾痰/飛沫感染 発熱、耳下腺・舌下腺・顎下腺の腫脹及び圧痛 14〜24日/約3〜5日/約1週 明らかな症状を示す7日前からその後9日 耳下腺の腫脹が消失するまで
風疹(風疹ウイルス) 唾痰/飛沫感染 種々の発疹、軽熱、リンパ腺腫大 14〜21日/約2日/約2日 発疹出現の前後7日間 発疹が消失するまで
水痘[水疱瘡](水痘ウイルス) 唾痰及び皮膚病巣/飛沫感染及び接触感染 軽熱、発疹、斑点丘疹状→水疱→顆粒状痂皮 13〜17日/約4日/約2〜3週 水疱発現前2〜後6日 すべての発疹が痂皮化するまで
咽喉結膜熱[プール熱](アデノウイルス) 糞便・唾痰/飛沫感染及び経口感染 発熱、全身症状、咽頭炎、結膜炎の合併症 3〜9日/約5日/約1〜2週 潜伏期の後半から急性期の間 主要症状が消退した後2日を経過するまで
伝染性紅斑[りんご病](ひとパルボウイルスB19) 唾痰/飛沫感染及び経口感染 顔面赤とくに頬部の紅斑性発疹 10〜14日/約2日/約10日 14〜20日 発疹が消失するまで
溶連菌感染症(A群溶連菌) 鼻・咽頭あるいは化膿性患部の分泌液/飛沫感染及び経口感染 発熱、咽頭痛、扁桃腺炎、苺舌、頸部リンパ節炎、皮膚発疹 2〜5日/約2〜7日/約10日 潜伏期の後半から急性期の間 発熱などの主要症状が消退するまで
手足口病(コクサッキーウイルス) 水疱内溶液/飛沫感染及び経口感染 感冒様症状、手足口に赤斑→水疱 3〜7日/約7日/約5日 水疱消滅まで 発疹が消失するまで
とびひ(ブドウ球菌) 膿痂皮/飛沫感染及び経口感染 豆粒代の水疱出現(自覚症状あまりなし) 4〜6日/約4日/約10日 水疱消滅まで 膿疱が消失するまで

この表(出席停止期間)からもわかるように、伝染病にかかれば最低4日、長ければ1週間以上保育園に行くことができない。しかもたいてい発熱した時、発疹など目でわかる症状が出た時、発疹が消えるなどして医師に出席許可を得る時…と3度は病院に行かなければならない。保育園によっては
出席OKかどうか医師の許可書(書式はないが一筆医師に書いてもらう)が必要なところもあるようだ。

これらすべての病気にかかるということはないと思うが、これに加えてしょっちゅうかかる風邪の場合を合わせると、無事に園に通う日数って何日だろう…と計算したくなってしまう。
よくあるのは、きょうだいでうつしっこして、時間差で病気にかかってしまうこと。こうなったらもうお手上げだ(笑)。うちの場合、水疱瘡がそうだった。上の子がまずかかり、潜伏期間を経て下の子へ…。こうなるとゆうに2週間は仕事に支障を来たしてしまう。発疹が出ている間は外出もままならないし、日常生活でも苦労してしまう。吐き気や下痢を伴う場合などでも、夜中にゲーゲーやられる日が続くと、親の方もぐったりなってしまうもの。

また、
同じ病気でも子どもによって症状の出方や程度などは違う。上の子が手足口病にかかった時のこと。先に同じクラスの友だちがかかった時にはすごく軽くて発疹も手や足の裏にちょびっとだったのに、うちの子が後でかかった時には口内にたくさん発疹が出て(口内炎のでかいのがたくさんできて)水分を摂るのもやっとという状態で全体に回復するのにすごく時間がかかったこともあった。


 薬について
最近は風邪薬などでも保育園で預かって、給食の後に服用させてくれる園が多いようだ。上の子が通っていた園では、最初の頃(5年ほど前)は「薬は基本的に預からない」というスタンスだったと記憶してる。持病があってどうしても園にいる時間に飲まないといけない薬のようなもの以外は、預かってもらえなかった。当時は「たしかに風邪薬なんかを預かるようになったら、園児の半数は持ってくるんじゃないかな?」なんて思って、「預かってもらえない」ことに対しては、とくに不満はなかった。1回飛ばす(1日3回服用の薬を1回飲ませない)ことがどうしても気になるなら、医師に頼んで1日2回の服用で済む薬にしてもらうようにとも言われていた。

しかし、2年前から風邪薬などでも預かってもらえるようになった。おそらく「保育園で薬を受け入れて欲しい」という保護者の希望が多くなったからだと思う。朝登園した時に
、「薬服用カード」なるものを書かなければならない。
このカードを記入し、1回分の薬(液体なら1回分だけを容器に入れて、粉なら1袋ごとに名前を書いて)を担任に渡すことを義務づけて、「お薬解禁」となった。ある先生曰く「これだけ人数がいると預かる薬の数も多いので万が一間違って飲ませてしまう事故が起らないとは断言できない。
              薬服用カード
        平成    年    月    日
  クラス          名前
症状、病名
病院名
薬局名
薬の剤型 粉    袋/  液
錠    コ/ 他(        )
薬の内容 風邪薬・咳止め・抗生物質
下痢止め・解熱剤・外用薬
その他(             )
服用時間 昼食後・その他(        ) 
保管方法 常温・冷蔵庫
受けた人
飲ませた人
**********************
名前
飲ませた人及び時間
ほんとうに薬を飲まないといけないくらいなら(それだけひどい症状なら)園を休ませてほしい」とのこと。これは本音だと思う。「薬を素直に飲んでくれればまだいいが、飲む飲まないで大騒ぎする子もいるし、給食後、歯磨き、お着替え、お昼寝の準備…と忙しい時間に飲ませるのはたいへん」とも聞いたことがある。(先日、園で行われたの懇談会では、薬を預ける人が多くなりすぎたせいか、「できるだけ預けないで済むようにしてください」と言われた。)

親としては保育園で薬を飲ませてくれれば助かる(薬を飲むことで症状が少しでも楽になるなら、親も気が楽)と思ってしまうものだ。でも、園に行った時にひどい咳をしている子どもや元気がなく青い顔をしている子どもを見ると、「休ませてあげた方がいいのでは?」と思うことも多い。どうしても仕事を休めない(その代わり薬を園で飲ませてもらう)事情というのもわかるし、園のたいへんさも理解できるので、難しいところだ。






 水イボについて(番外編)

これから夏に向けて気になる水イボだが、これに対する保育園の対応はいろいろだ。水イボはよくプールなどでうつってしまうものなので、夏になるとその「プール」が問題になる。うちの子が通う園では、以前は水イボができている子どもは夏になってもプールに入れなかった。ベランダなどでビニールプールに水を張った中で行水程度はさせてもらえるが、要するに隔離されていたのだ。ところが、2年前からは「プール解禁」となり、水イボがあっても一緒にプール遊びができるようになった。園の説明によると、「水イボはプール以外でも感染するものだし、それによって子どもの夏の一番の楽しみであるプール遊びを子どもから奪ってしまうのは忍びない」というような内容だった記憶がある。これについては、賛否両論あると思う(園によっては依然「ダメ」なところもあると思う)が、私は容認派だ。なぜかというと、うちの子も園生活2年目のプールで感染し(発覚したのはプールが終わった9月)、次の夏を迎える前になっても治らなかった。それで「今年はプールに入れないのかなあ…」と心配していたら、「解禁」のお知らせが…。うちの子がそうなったからというのではなく(それもあるが)、やはり子どもからプールを取り上げることはあまりに忍びない気が私もしたからだ。水イボができたとしてもたいしたことじゃない(子どもも別に平気だし、親の仕事にも影響しない)と思ったから。

うちの子がなってから、この
水イボの治療というのもいろいろあることがわかった。それこそ病院によるのだが、水イボに塗って治す薬というものはなく、「とにかくできている水イボを取ってしまう」というところもあれば、「数が少なければ取る」というところ、「取ってもすぐうつって追いつかないから取らない」というところ…いろいろなのだ。うちの子がかかった病院は「取らないか取るか親が判断」という、何だかいいかげんな感じのところだったが(「取ってもいいけど、またできるから(数が多いので)」ということだった)、うちの子のすぐ前に診察した子がやはり水イボで、数も多いのにむしり取られていたのを見て(ものすごい子どもの絶叫と共に…)、「取ってください」と言えなかった。それで、医者にすすめられた「ハトムギ茶」を飲むことにしたのだ。結局これが効いたのかどうかわからないが(すぐには治らなかったので)、1年半後くらいに消えてしまった。子どもの免疫力は年齢が上がるにしたがって高くなり、それに反比例して水イボの感染力は弱まっていくようだ。だから、ハトムギ茶のおかげ…というより、子ども自身の成長に伴って治ったのかもしれない。


今回は保育園と子どもの病気について書いてみたが、書いている間に子ども(下の子・2才)が風邪で保育園を休んでくれた(笑)。熱が4日も続き(39度以上になることも)、上の子が同じような感じで肺炎になったこともあったのでかなり心配した。1才代から比べると園を休むことも少なくなったが、2才だとまだまだ休む率も高い。5才くらいになるとずいぶん落ち着くのだが…。小さい子どもを持つ在宅ワーカーのみなさんもたいへんだと思いますが、お互いに今はじっと耐えましょう!(笑)             (2003.5.31 犬飼みほ)        

inserted by FC2 system